YYマークの由来

YYマーク

組合のシンボルカラー、ロゴマーク、組合旗を決定

1990年 6月 5日 第1回シンボルカラー検討委員会開催
1990年 12月10日 シンボルカラー、ロゴマーク、組合旗を制定

物流二法の施行など業界が大きく変革する時代にあって、組合も新たな体制づくりを求められました。

1990年、組合では組織改革や組織運営のあり方など、今後の方向性を検討する「UI推進委員会」(※1)を設置。組合員により良いサービスを提供し、組合活動がより一層活性化することを目的に5ヵ年計画でさまざまな改革を進めることを決定しました。
その最初の活動として行われたのが、組合のシンボルカラー・ロゴマーク・組合旗・組合のネーミングの見直しでした。

シンボルカラー検討委員会を中心に組合のイメージ等を検討し、5つのイメージにまとめました。

  1. みんなが参加する組合
  2. 生活を守る組合
  3. 活気のある組合
  4. 安心をくれる組合
  5. みんなが知っている組合

以上をもとに、グリーン(特色)がシンボルカラーに採用され、12月10日には組合のシンボルマーク【YY】と新しい組合旗が制定されました。

※1 UI(ユニオンアイデンティティ)  当時世の中では、企業イメージの統一や働く人の意識改革が必要とCI(コーポレートアイデンティティ)活動が盛んに行われ、多くの企業がシンボルマークや社名の変更を行いました。これが転じて組合の改革をUI活動と言いました。

YYマークの意味は

YYマークの意味は、【YAMATO & YOU,YOU of YAMATO】の略で「親しみのもてる組合活動を目指します」と言うことをイメージさせるマークです。
YYは人と人が寄り添う形で黒丸は人の頭を表しています。

  • ヤマト運輸労働組合とは
  • ヤマト運輸労働組合 概要
  • 組織図
  • YYマークの由来
  • 本部・支部一覧
  • 取り組み
  • 刊行物
  • 社会貢献活動
  • ニュース&トピックス
  • ご相談・お問い合わせ
  • リンク
  • プライバシーポリシー
  • スワンベーカリー
  • 吉川さおり
  • 石橋みちひろ
  • 中央ろうきん
  • 全労済